Galaxy Note7の生産が完全に終了、お持ちのGalaxy Note7にご注意ください!

日付: 2016.10.13
カテゴリ:

次々と爆発と発火をが起こって、Galaxy Note7の生産がやっと終了された。10月11日、サムスンはGalaxy Note 7という機種そのものの生産を完全に終了したことを認めました。

Galaxy Note7

先日、The Associated Pressの消息より、Galaxy Note7の生産が停止された噂があります。当時Samsung社はこの噂に対する答えは:製品の質を保証するため、Samsung社はGalaxy Note7の生産量を調整しています。しかし、事実は生産量の調整などではなく、生産を完全終了することです。

先月、Galaxy Note7は爆発事件と回収を経た後、フラグシップ機の戦場に戻りました。しかしながら、ユーザーだちはこの事件がようやく収めると思う中、Galaxy Note7がもう一度爆発しました。更に、今回爆発したのは修正品のGalaxy Note7です。

The Vergeの報道により、10月5日、1台のGalaxy Note7はアメリカのある飛行機に火事が起こしました。そして、このGalaxy Note7はSamsung社に認証された修正品のGalaxy Note7です。その時、飛行場はまだ離陸しません。空港のスタッフは事件を発見した後、迅速に乗客を避難誘導しましたので、幸いにも死傷者はありません。

Galaxy Note7 発火

爆発したGalaxy Note7の所有者―Brian Greenは事件の詳細情報を記者と述べました:

「Galaxy Note7が爆発した前に、充電をしている状態ではありません。私は常にポケットに置きました。しばらくしてから、Galaxy Note7は非常に熱くになりますので、それを地に捨てて、そしてこのことを空港のスタッフに通知しました。その後、このGalaxy Note7はもうもうと緑の煙が出ていました。」

このGalaxy Note7を言及した時、Brian GreenはこれはSamsung社に認証された修正品のGalaxy Note7と強調しました。

彼はこのGalaxy Note7を9月21日に購入して、パッケージボックスがSamsungの安全認証マークがあります。このマークは黒い四角のアイコンで、Samsung社に修正済み・安全なGalaxy Note7を区別されることを使われます。

修正品のGalaxy Note7

この事件の後、アメリカの二番目キャッリア―AT&TはGalaxy Note7の販売を停止しました。その他、 アメリカキャッリアT-Moblileも修正品のGalaxy Note7の販売を停止することを発表しました。アメリカ最大のキャッリアVerizonも同様の対策を実施しました。すなわち、アメリカの三大キャッリアは全てGalaxy Note7の販売を停止しました。

10月11日になって新たに、出荷数の調整や一時中止ではなく、サムスンは正式にGalaxy Note 7という機種そのものの生産を完全に終了したことを公開しました。修正品のGalaxy Note7との交換ではなく、Galaxy S7 や S7 edgeなど別機種との交換あるいは返金での対応を案内しています。更に、サムスンもGalaxy S7 や S7 edgeを今すぐ電源をオフにして、使用を停止することを消費者に呼びかけます。