ワンプラス3レビュー:スタイル以外もメリットがある

日付: 2016.09.26
カテゴリ:

「たまには、自分のことをもっと信じる方がいい時があります。」

ワンプラス3が公開する一日前の夕食で、「One Plus」の社長劉作虎のこの言葉は強く印象に残ります。
ワンプラスが誕生したから既に三年経ちました。今回ワンプラスは皆様にどのような新製品をもたらしますか。ここで一週間ワンプラス3を試したあとの個人的な体験感想を紹介します。

 

一つだけのモデル


一つだけのモデル

今のスマホ、高・低性能のバージョンがなくても、せめて容量違うバージョンがあります。

でも、ワンプラス3はただ一つのモデルだけで、ほとんどの人の日常使用に対応できる機能で市場に参戦します。

スクリーンサイズ:5.5インチ,解像度1920 x 1080。
クアルコム820CPU,クロックスピード2.2 GHz
メモリー:6GB
ストレージ容量:64GB(UFS 2.0)、micro SD カード拡張不能
カメラ:1600万画素ソニーIMX298メインカメラ、800万画素サブカメラ
バッテリー容量:30·00 mAh
デバイスサイズ:152.7 x 74.7 x 7.35 mm
ほか:Type-Cコネクタ、NFCサポート、
ダブルSIMカード・ダブルスタンバイ・ユニバーサルバージョン(nano SIM カード)
自動指紋認証サポート(高速)価格:2499 元(約38,000円)

携帯を購入する時モデルの選択に困っている方には役に立てるかもしれません。

クアルコム820CPUと6GBメモリーは既に現在スマホ中のトップクラス性能とも言えます。でも、同じ価格のスマホの中でも更に高性能を持つスマホがあります。スタイルこそはワンプラスを選択する理由だと考えます。

 

デザインと手触り


デザインと手触り

スタイルと言えば、まずはデザインを見ましょう。

ブランドの視覚イメージからみれば、ワンプラスは一貫的にきちんと完成しました。でも、今前二世代のワンプラスの携帯の形を振り返ってみると、あまり印象が残されていないようです。

では、ワンプラス3はどうでしょうか。MIITがワンプラス3デバイスの背面の写真を公開する時、ネットではこのような写真がアップされました。

背面の写真

どれもまったく違和感がないですね、このデザインあまり特別なところが内容です。また、デバイスの下部はiPhoneと少々似っています。

iPhoneと少々似っています

でも、ワンプラス2と一緒に置いたら進化がすばらしいと気がつきました。スマホが手元にあれば、違うところが明らかです。

進化がすばらしい

まずは絶賛的な軽さで、同僚たちはワンプラス3を持った後、これに印象深いです。そして、背面では弧線がいっぱいです。これはワンプラス3の見た目の特徴と言えます。磨き上げられたような金属の材質に加えて、手触りがすばらしいです。正面にもまん丸な2.5Dグラスが付いたので、前後が相応の質感があります。

前後が相応の質感があり

ワンプラス2の本体は少々重い感じですが、ワンプラス3の本体の最も薄いところはただの4.9ミリメートルだけです。当然、軽薄になる道を選び、また撮影の効果を求めると、背面のメインカメラはしかたなく突出しました。

メインカメラはしかたなく突出

この金属のバックカバーはストーリーがあります。劉作虎はファンたちに「我らのシンプルとしての『岩砂黒』バックカバーの方が好きですか。それとも、金属のバックカバーの方が好きですか。」『岩砂黒』のほうは圧倒的なサポートをもらいました。

しかし、最後ワンプラス3は金属デザインを採用した、それから本体をファンに見せて、もう一度同じ質問を聞いたら、相手の答えは『もちろん金属でしょうね。より高級感があります。』

これは、劉作虎が冒頭の言葉を言う原因の一つです。

 

スクリーン


ワンプラス3の採用したスクリーンは5.5インチのAMOLEDで、解像度は1920 x 1080です。二年前、このサイズが大きすぎ、5インチまで縮小する方がいいと言われます。でも、去年の5センチを採用したワンスプラスXのほかに、ほとんどのスマホは5.5インチのスクリーンを採用しています。

スクリーン

また、劉作虎はインタビューの間に、「精力を集中するために、ワンプラスXの製品ラインを停止する、後続の更新もなくなる」と言いました。これから5インチのワンプラススマホが見えなくなるかもしれません。

スクリーンの本題に戻って、今回のスクリーン防指紋の効果がいいです。同じ指でタップされたら、いつも使っていたiPhoneでは指紋の汚れが残されやすいです。このせいで、iPhoneを閉める時スクリーンが汚い感じがします。また、室外の強い光りを浴びる環境においても、デバイスの明るさを約70%まで調整すればスクリーンをはっきり見えます。

AMOLEDスクリーンの「自発光」特性のおかげで、このスクリーンはとても純粋な黒を示します。筆者はこのようなスクリーンを通じてKindleの電子書籍を読むことが好きです。背景色を黒色に調節して、そして、音量キーをページめぐりキーと設定します。これで、閲読デバイスになります。また、ポケットに入ることもできるから、持ち出すのやすさから言えば、6インチのKindleより便利だと思います。

でも、デフォルトの「ケルビン」で設定した白色は少し冷たそうで、個人としてはあまり好きではない。設定で手動的に調整すれば、ディスプレイは満足に思う効果になります。

しかし、利用している間にはある問題があります。片手でデバイスを握っている時、特に手で対角線のボタンやアイコンを押したい時、手はスクリーンの縁の握りポーズを触ってしまうせいで、指でスクリーンをスワイプすれば、操作は反応なくなったり、ミスしたりしてしまうようになります。この問題は今数多くのスマホの中にも存在しています。これからワンプラスはソフトの中で片手操作のために機能を改善する必要があります。

 

システム


独特の「水素」 OSのおかげでワンプラスのスマホはユニークなスタイルを持つと思われます。UIの全体はとても綺麗です。アイコンはきちんと並んでいます。そして、背景写真にがフィルターを加えたら素晴らしい効果が出ています。

「水素」 OS

システムいくつかのバックグラウンド配色の選択肢を生成します。ユーザーのカスタマイズを確保する同時に、全体の色合いは調和が取れ、唐突にはなりません。水素ウィンドウズはクリーンの30%を占めたが、いい効果を得たと思います。

テーブルにおいて、シンプルで薄いデザインは縁の2.5Dグラスに取り合わせ、ソフトウェアはきちんとハードウェアと結び付き、ワンプラスをほかのスマホと区別をつくことは簡単です。

ソフトウェアはきちんとハードウェアと結び付き

このデザインはこれ以外に取り上げるメリットがないと思う人もいるかもしれませんが、劉作虎は発表会の後、このように言いました。

「このスマホが優雅的な静さを感じさせたいです。」

システムからいうと、一番大切なものは穏やかさ・節電と省エネ・スムースということです。機能は多ければ多いほどよいというわけではありません。

穏やかさ・節電と省エネ・スムース

筆者の約一週間の体験からみれば、プログラムが崩壊した状況は出たことがありません。動作もスムースです。でも、たまにはこのスマホが簡潔過ぎたと思うかもしれません。システムアプリの音楽やビデオプレイヤーさえありません。

確かに、現在いろんな音楽や動画アプリがいるため、システムのプレイヤーがなくてもたくさんのユーザーにはあまり影響がありませんが、このような設定は本当に大胆ですね。

プレイヤーがなく

また、音楽を放送している時、画面を上へスワイプすることで表示されたコントロールセンター、または下へスワイプすることで表示されたお知らせセンター、どちらでも歌を切り替えたり、音量を調整したりするショットカットがありません。音楽の設定をしたいなら、直接的に音楽を放送するアプリに入るしかありません。

 

撮影


現在クアルコム最強のCPUとして、クアルコム820は数多いメーカーたちに取り上げれて宣伝する特質があります。この中で、劉作虎が最も気に入ったのは見落されやすいDSP(デジタルシグナルプロセッサ)――Hexagon680のことです。

劉作虎はこれについて述べる時、興奮してテーブルを軽く叩きました。Hexagon680はどのようなすごいものでしょうか。劉さんはこのスマホで色が鮮やかな食べ物を撮ることが好きです。では、ワンプラス3をiPhone6Sと比較してみましょう。
まずはザリガニ。

ザリガニ

または枝豆。

枝豆

比較してみれば、ワンプラス3の撮った食べ物は本当に色の方が鮮やかで魅力的で、食欲を引き起こします。でも、もし細部を拡大して見れば、写真の細部はまだまだ改善するところがあります。

改善するところがあり

次は昼のサンプル:

昼のサンプル

最後は夜景:

夜景

全面的に見れば、ワンプラス3撮影のカラースタイルは昔サムスンのイメージに少々似っています。画質はフラッグスマホと比較しても見劣りしないレベルです。

劉作虎の自己評価もぴったりです:
「全てのフラッグスマホと比べることができます。」

 

続航と高速充電


続航能力と言えば、3000 mAhのバッテリー容量は今のスマホの中で大きいではありません。常に使わないプログラムを閉じたら、一般的には一日持つのは大丈夫です。でも、もし明るさが高すぎ(70%以上)、またはプログラムを閉じることを忘れてしまったら、午前8時ぐらい満電で出かけても、午後2時になるとバデリーの残量が50%だけ残ってしまうこともあります。

続航と高速充電

幸い、まだ高速充電があります。

ワンプラス3のダッシュ高速充電速度は本当に驚くほどはやいです。今回のDASH高速充電はOPPOのVOOC高速充電技術を採用しました。スクリーンが開いている状態でも高速の充電を保つことができると宣伝します。体験する間にも確かにそうです。

また、オンラインビデオを放送しながら高速充電をしても、スマホのバックカバーがあまり熱くありません。

バックカバーがあまり熱くありません

高速充電は人たちの充電習慣を変える技術です。昔のように一晩中充電しなくて、ただ時間の欠片を利用するだけでめざましい電量まで高速的に充電できます。例えば、朝起きから出かける時まで30分もない間に、電量が14%から70%まで充電されました。

時間が更に短い場合もあり、ワンプラス3を使い始めた時は退勤時間に迫って用事があるからさっさと帰りたいです。物事を整理する間にワンプラスを充電器と接続して10分ぐらい充電して、既に38%から57%まで充電されました。

時間が更に短い場合もあり

ワンプラス3は前世代と同じ、USB Type-Cのコネクタを採用しました。データケーブルは正面背面を分けなくても直接的にスマホに接続することができます。でも、既に一年ぐらい経ったのに、このコネクタは未だに普及されていません。外に長期滞在すれば持ち歩くほうがいいです。なぜなら、外にMicro USB または Lightningのケーブルを借りことは難しい問題ではないが、USB Type-Cをケーブル借りたいなら運に任せるしかありません。

 

競争力


たくさん言いましたが、ワンプラス3は一体どのようなスマホでしょうか?今同じクアルコムクアルコム820などトップ性能を採用したスマホと比較すれば、ワンプラス3のスタイルはユニークです。

また、綺麗で純粋的な(ちょっと純粋すぎだと思うが)システム、まあまあの続航能力と絶賛する高速充電、流行らないが接続しやすいUSB Type-Cコネクタ、またはフラッグスマホと比べても見劣りしない撮影効果、総合力の高いフラッグスマホとも言えます。

もしトップ性能のフラグスマホを探していて、ワンプラスのスタイルにも認めるなら、プラススマホは値段2500元(約38,226円)ぐらいのスマホの中の最も買う価値の有るものとも言えます。