19年そばにある「ハリーポッター」の第八作ようやく発売、世界各地のファンは新作発売の祝い活動を行いました

日付: 2016.08.19
カテゴリ:

想像できるか?初めて「ハリーポッター」を読んで、J・K・ローリングの描く魔法の世界― メールを配信するフクロウ、ハリーポッターの杖などのと出会ったからもう19年が経ました。

19年の時間は、いろんなことを変えました。現在、作者のJ・K・ローリングはもう51歳で、あのメガネをかけた男の子ハリーはもう36歳です。2016年8月1日、彼は36歳の誕生日を迎えしました。その日に、世界各地のマグルたちは徹夜して、「ハリーポッター」の第八作―「ハリーポッターと呪いの子」の発売を待ちました。

ハリーポッターのシリーズ

今回のストーリーは第七作の19年後のことという、この時のハリーはもう結婚して、三人の子供の父親になりました。仕事の负荷が重ぎて、疲れる日を過ごしています。読者の予想と違い、第八作「ハリーポッターと呪いの子」は本格的な小説ではなく、J・K・ローリング・Jack Thorne・John Tiffany三人で協力する舞台劇の脚本です。しかし、舞台劇をみる機会がない読者の要望に応じるために、この脚本は修訂され、二冊の本に分けて出版します。

 

舞台劇でハーマイオニーは黒人に演じられた。

舞台劇

8月1日0時01分の新作発売を迎えるために、アメリカ・英国など国の大部分の書店は営業時間を深夜に延長して、店を「ハリーポッター」のスタイルに飾りました。

 

アメリカのアマゾンは「ハリーポッター」の新作に対し、当日に配達できるサービスAmazon Prime Nowを夜零時から二時に延長。即ち、読者は新作を事前に予約すると、発売の後二時間内に新作を読めます。アマゾンの公開した情報より、「ハリーポッターと呪いの子」はシリーズ第7作以降、予約販売量が一番高い本になりました。

 

とある10歳の男の子は最初の読者の中に最も特別な存在になります。アマゾンは英国の読書天才Lestrangeに挑戦状を突きつけまして、迅速に「ハリーポッターと呪いの子」を読んた後評価を書くことを要求します。その天才子供はもう挑戦に応じて、新作の内容を評価に言及しないとも保証しました。Lestrangeは平均一分で1000字を読むことができ、二時間内400ページの本を読み済むことができるというそうです。

Lestrange

この男の子だけでなく、世界中の読者は自分の方式で4.5億冊に印刷された「ハリーポッター」が再度発売することを期待して祝います。

 

先日、ニューヨークにある「ハリーポッター」の出版業者Scholastic Incは人数が300を超えるファンたちによる活動を迎えました。

 

音楽が響く瞬間、300名以上のファン達は突然にいろんなところから集合しました。

祝い活動

音楽がクライマックスに入るとともに、ファンは手にある第一作から第七作の「ハリーポッター」を持つ上げて、本の内容を読み始めた。

本の内容を読み

最後、全てのファンは後ろに回って、第八作のチラシを持ち上げる時、一つ巨大な新作広告横物はScholastic Incの屋根から開けました。

全てのファンは後ろに回って

ニューヨークの他にも、各地のファンは自分の方式で新作の発売を待ちます。この写真は発売当日の深夜一時半、ロンドン市にある書店に並んで新作を買うファンです。

ロンドン市にある書店に並んで新作を買うファン

これだけだと思いましたか?実は大勢の人は書店の外で待っています。

実は大書店の外で待っています。

魔法世界の服を着たファンだち。

魔法世界の服

新作を手に入れた子供たちは、魔法杖を持って満足そうに笑いました。

子供たちは、魔法杖を持って満足そうに笑い

ポルトガルで世界に最も美しいと言われる書店-Livraria Lelloの外、夕方から既に深夜の発売を待つ人はたくさんいます。

世界に最も美しいと言われる書店-Livraria Lello

ニューヨークのManhattanにある書店Books of Wonderには、書店は魔法世界の配達員― フクロウを連れて、店番にさせました。

Manhattanにある書店Books of Wonder

ニューヨークのBrooklynで、子供も大人も自分の魔法杖を作り出せます。

子供も大人も自分の魔法杖を作り出せ

これらの活動の裏、新作のストーリーを期待するの他に、もっと重要なことは「ハリーポッター」に対する深い感情かもしれません。何せ、19年間ずっと愛される本はそうそういない、ハリーたちのように我々とともに成長するキャラクターもこれ以外ないかもしれません。