世界で最高級の牛肉―和牛 超高価でも食べたい!

日付: 2016.06.07
カテゴリ:

人類に対して、食事は最も重要なことが過言ではありません。美食を追求することは限りがありません。食いしん坊達は一口の美食を食べるために、死亡の危険を喜んで冒します。

香港の美食家蔡瀾は「死ぬまで必ず食べるリスト」を整理しました。毒性が強くてもとても美味しいフグはそのリストにあります。「フグを食べたことがないなら無理、魚の味を分かると言えない」、フグのおいしさを文字で述べにくいです。一口の透明に近いフグ刺し身を食べるのは、大部分の人にとっては断りしがたいことでしょう。

フグ

前に、小野二郎のドキュメンタリー「Jiro Dreams Of Sushi」をみました。世界で一番年長のミシュラン三つ星の板前の店にそのおいしさを味わうことは、食いしん坊に「死ぬまで必ず食べるリスト」に追加されるかもしれません。

Jiro Dreams Of Sushi

三万円一人の価格、少なくとも一か月前に予約する必要ある難しさ、しかし美食のためなら大した問題ではない。

二郎の寿司

世界中でおいしい食べ物がたくさんあり、以上紹介したの他に、もう一つの美食を知る必要があります。それは今回紹介する世界で最高級の牛肉―和牛です。

 

牛肉の王―神戸ビーフ

和牛とは日本の牛です。和牛を二つの言葉でいうと、「高すぎ」と「口溶け」は最も合う言葉でしょう。大理石のような美しい脂肪と口溶けの香りがある和牛を食べたことある方は一生に忘れられないと思います。

和牛

神戸ビーフって、皆さんはきっと知っていますね。それは世界一番有名な牛肉です。

神戸ビーフ

肉が超高価で売られる神戸牛はワインを飲んだり、マッサージをエンジョイしたり飼わられるそうです。アメリカのあるマスコミは「世界中で最高級九つの食物」を選びました、そして神戸ビーフはキャビア 、フォアグラ、トリュフと一緒に中にあります。

世界中で最高級九つの食物

しかし、和牛はもう日本人特有なものではありません。オーストラリアは和牛を導入し
て、そのおいしさを極致に発展しました。日本に売るだけでなく、日本人さえもオーストラリアに行って和牛の飼育技術を勉強します。

一体誰がこんなすごいことをしたのか?それはオーストラリア和牛の父―David Blackmore

 

オーストラリア和牛の父―David Blackmore

オーストラリア和牛の出産は彼のだけではないが、同じ国の出産と同じ等級としても、優劣の分かれがあります。オーストラリアのM9 +級の和牛には、Blackmoreのが一番美味しいです。
M9 +級はどんな意味ですか?続ぎて読んでください。

blackmoreの和牛

1988年、オーストラリアに戻ったBlackmoreは気高系の和牛をはじめて飼いました。

David Blackmore

100%オーストラリア和牛純血を持っている和牛は、Fullbloodを呼ばれています。

純正な血

周知のとおり、オーストラリアは畜産業を主とする国で、絶好の和牛を飼うところです。

オーストラリア

最高級の品質を守るために、Blackmoreは最も厳しい品質管理を行って、毎月にせいぜい50頭の牛を売ります。こんな珍しい牛肉はオーストラリア当地と世界各国のトップレストランに注文されるので、一般人がそれを食べれる機会は滅多にありません。

blackmoreと和牛

 

産量がただ1%の純正オーストラリア和牛

しかしながら、すべての人はBlackmoreようの一层立派にする決心と辛抱を持つわけではありません。この方式で飼う和牛のコストは高すぎるので、当地多くの農園は純正種の和牛を当地の牛と交配させます。

ただ1%の純正オーストラリア和牛

安い価格の原因で、この牛肉は市場に早くに流行っています。これでFullbloodはほとんど消して、ただBlackmoreの1%が残されます。

五世代のFullbloodを飼ったBlackmoreに対し、Fullbloodは彼だけの名前になりました。

blackmoreの牛肉

2005年のオスカーディナーに、Blackmoreの和牛はメイン料理になり、すべての客さんがそれに引き付けられました。

 

素晴らしい霜降り紋様

そんなに多くに言って、Blackmoreの和牛は一体どんなおいしさがありますか?まず、和牛の等級を勉強しましょう。

牛

日本とオーストラリア和牛の等級は異なる方法で分類されます。オーストラリア和牛はM1―M12級を分け、日本のはA1―A5を分けています。数字が高いほど等級も高くなります。M12級のオーストラリア和牛と日本A5のほぼ同じ品質で、肉と脂肪の比率は50%に達するという。

世界中でもこの等級の和牛は5%しかありません。日本とオーストラリア等級の比べについてはこちらの画像を参考ください。

牛肉の波紋

以前、オーストラリア和牛の最大等級はただM9でしたが、Blackmoreの和牛が現れた後、M10、M11、M12級の和牛があります。これで、オーストラリア和牛と日本のは雌雄を決することができます。

和牛の等級

和牛がこんなおいしい原因は、「霜降り」と呼ばれる脂肪紋様がありますから。この脂肪は赤身の中にあり、牛肉を細かくて柔らかくにさせることができ、口に置いてすぐ溶けます。

霜降りの脂肪紋様

Blackmoreの和牛はカラメルとバターの味を味わえて、牛肉の鮮やかとおいしさを完璧に現れます。

 

これは贅沢品の店ですか?いえ、世界で最もかっこいい肉屋です

オーストラリアで最も高い肉――Blackmore和牛を食べることは難しくけど、不可能ではありません、例えばシドニーにある肉類老舗―Victor Churchill。

肉類老舗Victor Churchill

どうしてこの店を紹介しますか?こんな肉店を見たことがないと言えるからです。

華やかな飾り

ファッションな店

この店のデザインは華やかで、ファッションです。しかしここの商品は服・カバンなどではなく、最高級のBlackmore和牛です。巨大なガラス制のキッチンを見て、肉を切ることがパフォーマンスのようで、素晴らしい体験です。

巨大なガラス制のキッチン

肉を切る

素晴らしい体験

1897、Victor ChurchillはPuharichという人に創立されました。既に100年以上の歴史があります。

victor churchillの歴史

今年、Blackmoreは一匹AizakurahH178という和牛を売りました、その重さは423キロです。その潜在的な価値は1500万円という。

AizakurahH178という和牛

この牛の肉は専門的な検測機構に送られて検査を行いました。霜降り紋様や肉と脂肪の比率・肉の色は最高の11分に達して、日本のA5和牛と比べても劣らないと言えます。

肉屋Victor Churchillに提供した20キロのステーキは、ただ4時間で売り切れました。そして価格はおよそ3万5千円1キロです。

Victor Churchillに提供したステーキ

見えますか?これはこの和牛の霜降り紋様です。こんな高級の和牛で刺し身を作ることは、思うだけでおいしさを感じれます。

 

新鮮な牛肉はおいしいとはかぎらない、DAこそがステーキの究極な食べ方である。

和牛のついでに、一つ牛肉最高の食べ方も紹介します。それは熟成肉ステーキ、またはDAステーキと呼ばれています。

DAステーキ

高級なステーキはワインとチーズのように、陰干しを通して味が最もおいしいになれます。

陰干しのステーキ

DAステーキは20日ぐらいに陰干しを通して作り出し、そして厳しい温度のコントロールを行います。作り出したDAステーキが柔になり、調理する後肉の汁が肉の中に残しています。ステーキを切って食べても、肉の汁は流失しません。

美味しいステーキ

しかしながら、このやり方のコストは高く、普通のステーキより陰干しの価格は2倍高いです。一部の最高級のレストランだけはコストをとどまらず、DAステーキを作ります。

最高級のステーキ

高級の和牛にも、DAステーキで食べる方が美味しいと思います。できればぼ筆者も一度食べてみたいですね!

今回の和牛についての紹介はここまでです。おいしいものを紹介したあと筆者のお腹もすいてきました、早速今日の晩ご飯を用意しよう!

ファストラーメン