iPhoneの電池を長く持たせるためにのいくつ節電豆知識


日付: 2015.07.14
カテゴリ:

iPhoneは強大な機能を持つスマホですが、電池の持続時間に困っている方も結構いると思います。頻繁にiPhoneを使う必要があるのなら、電池は一日でも持たないかもません。そんな方のために、今日はいくつiPhoneの節電に関する豆知識をここで紹介したいと思います。

1、iPhoneの電池残量をパーセントで表示する
iPhoneの電池残量をパーセント表示にすれば、残る電池の量は一目瞭然でわかる。残量が少なくなったら、iPhoneの使用をちょっと控えして、充電出来る場所まで少し我慢しましょう。
設定方法は「設定」→「一般」→「使用状況」の順でタップして、「バッテリー残量(%)」をオンにすれば、電池残量はパーセント表示になります。
iPhoneの電池残量をパーセントで表示

2、アプリの電池消費量を確認する
「使用状況」の下の「バッテリー使用状況」をタップすれば、iPhone中にあるアプリの電池消費量を確認できます。もしあまり使われてないのに、電池消費量がやたらと高いのアプリを見つけったら、そのアプリを削除することちょっと考えたほうがいいと思いますよ。
2、アプリの電池消費量を確認する

3、使わないときはWi-Fi機能を消しましょう
iPhoneのWi-Fi機能をオンにすると、たとえWi-Fi信号がなくても、iPhoneは自動的に検索します。これはかなり電池を消耗しますので、もしWi-Fiを使わないときは「設定」→「Wi-Fi」をタップして、Wi-Fi機能をオフにしてください。

4、位置情報を使うアプリを出来るだけ減らす。
現在のアプリは位置情報を要求することが結構あります。しかし位置情報を取得するには、GPSを使って、衛星と通信を取る必要があります。もし位置情報を使うアプリを減らせば、電池の持ち時間もそれなりに増えます。
位置情報についての設定は「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」をタップ、その下でアプリが位置情報を使うことに許可するかどうかを一つずつ設定できます。もちろん「位置情報サービス」のところをオフにするのもいいですが、それだとすべてのアプリが位置情報を使えなくなる、ちょっと不便な状況があるかもしれない。だから一つずつ設定する方がオススメです。
位置情報を使うアプリを減らす

5、アプリのバックグラウンド更新を最低限に
iPhoneにはアプリを自動的に更新する機能があります。場合によって便利かもしれませんが、これはつまりバックグラウンドでネットを接続、データをダウンロードすることです。知らずうちに電池がどんどん消耗されますので、節電のために、この機能をオフにするのも悪くない選択だと思います。
オフにするのは簡単、「設定」→「iTunes & App Store」をタップして、「アップデート」のところをオフにすれば設定完了。
5、アプリのバックグラウンド更新を最低限に
以上、iPhoneの節電に関する五個の豆知識でした。これらを使えば、電池の持続時間をすこし長くなれるはずですが、大きく伸ばすにはちょっと難しいかもしれません。しかし、噂によると、将来のiOS 9は電池を節約できる新特性を追加されるようです。それは電池時間をかなり増長できるようだが、果たしてどれだけ改善できるか、期待しつつ待ちましょう!