iOS 9の新特性!電池を節約できる

日付: 2015.06.17
カテゴリ:

Appleの前日のWWDC2015で最新のiOSバージョン、iOS 9を発表しました。前もすでに皆様にiOS 9の対応機種を紹介する事があります。そして前の情報によると、このiOS 9は電池を節約できる新特性があります。今までのiOSデバイス、特にiPhoneの電池持続時間は、決して長くとは言えません。iPhoneを使っている方の中に、一日二日程度で一度充電する必要がある方も多いでしょう。だから皆様はこの新特性に深い興味を抱いてると思います。今日はここでiOS 9はどうやって電池を節約するのかを、皆様に紹介したいと思います。

AppleはiOS 9で二つの方法で電池の持続時間を延長します。一つはスクリーンをセンサーでコントロールすること。スクリーンが下向きの時は、例え新たのお知らせなどが来ても、画面はオフのまま、明かりを付かない。Appleによると、iOS 9にアップデートしたデバイスの電池持続時間はこれで1時間くらい伸びます。
ローバッテリーモード
そしてもう一つは「ローパワーモード」、これを使うと電池の持続時間はなんと3時間くらい伸びます。この「ローパワーモード」は手動で設定できます、もし電量が20%以下になったら、その時も「ローパワーモード」に切り替れるお知らせが出ます。

「ローパワーモード」はスクリーンの明るさを下げ・センサーとメールお知らせ機能をオフ・スクリーンのスリープ時間を短縮・バックグラウンド更新を停止などの手段で電池の持続時間を延長します。

アンドロイドなら、前から「ローパワーモード」の機能があるですけど、iPhoneユーザーにとっては全新の体験です。今はまだAppleが公開した数字でこれを分析するしかないが、一体これらの新特性はどれくらいに電池を節約できるのでしょうか?すべては皆様がiOS 9にアップデートしたあと、ご自身で体験してみてください。