Whatappsより強い?新世代iOS 10 iMessageはWhatappsを追いかける!


日付: 2016.08.09
カテゴリ:
米国時間の6月13日、アップル社は「WWDC 2016」にで新世代のiOSデバイス専用システムiOS 10を発表しました。iOS 10はいろんな機能を追加して、不便なところもたくさん修正した。特に、以前あまり使わないMessageが大幅に進化し、色々な面白い機能を追加した。最近アップルはベータ版のiOS 10を公開しまして、ユーザーがアップル公式サイトからダウンロードしてインストールすることができます。「Whatappsより強い!」と言った新しいiMessageを体験したユーザーもいます。本当ですか?筆者もiOS 10にアップデートして、今回は新世代iOS 10iMessageの新機能について、詳しく紹介します。
新世代iOS 10iMessage

大量のステッカーを追加、更にフルスクリーン動画などの新機能を通して、iOS 10iMessageは以前より、もっとWhatapps・Lineなどの社交アプリに似てきた。iMessageの画面は大きな変化がないが、いくつの新機能、それからApple Watchに搭載しているDigital TouchとTapbackも追加した。

写真をもっと便利にシェア


昔のiMessageは対話フォームのカメラのアイコンをタップすれば、直接に写真を撮るやアルバムにある画像を転送することができます。iOS 10はこの機能を進化させて、撮影画面に入らず、リアルタイムのビューフレームとアルバムが一つの画面に現れ、これで以前より便利に写真を転送することができます。

写真をもっと便利にシェア

Digital Touchを使い、面白い動画を友達をに送信


元にApple Watchに搭載しているDigital TouchはiOS 10にも追加しました。この機能を使いたいなら、対話フォーム隣のハート形アイコンをタップすればいいです。タップした後、下画面はDigital Touchのキーボードになります。Digital Touchのキーボードの左は七つ色のドットがあり、色を選択する後、黒いところに落書きができます。右のはDigital Touchの選択です。iOS 10のDigital Touchは面白い機能で、線を書くのは落書き、二指で長押すのは鼓動のステッカーを転送、軽くにタップのは円形を転送します。「ツール」をクリックすれば、もっと多くの機能を見えて、例えば二つの指で軽くに押すのはキースを送り、長押して下にスライドするのはばらばらの心を送るなどです。

面白い動画を友達をに送信

Digital Touchキーボードの撮影アイコンをクリックすれば、録画が行います。そして、録画をする同時にDigital Touchで画面に落書きもできます。だから最後発送する動画は落書き付きの面白い動画です。

Tapbackを使い、メッセージを速やかに返事


iOS 10はTapbackという機能も追加しました。メッセージを長押すれば、Tapbackのメニューは現れ、六つのステッカーが含まれます。このステッカーはユーザーがそのメッセージに対する気持ちを現すことができ、便利な機能です。その他、ステッカー付き送信も対応できます。文字を入力した後、送るボタンを長タップすれば、ステッカー選択の画面に入れます。選択してメッセージを送る後、相手はステッカーメッセージを届くことができます。

メッセージを速やかに返事

絵文字が大幅に進化


まず、アップルは絵文字のサイズを三倍に増加して、絵文字の発送と入力効果はこれによって派手になります。そして、文字を入力した後、絵文字キーボードをタップすれば、絵文字に変換できる文字を絵文字に変換することができます。

絵文字が大幅に進化

以上は新世代iOS 10 iMessageの注目される新機能です。筆者はiOS 10iMessageが以前より派手になったと思いますが、Whatapps・Lineなどの社交アプリに比べ、まだ距離があると思います。皆さんはどう考えますか?iOS 10iMessageに興味がある方は、正式版のiOS 10を少々お待ちください!