Apple会社:iOS 11が64ビットアプリしかサポートしない


日付: 2017.02.10
カテゴリ:

iOSデバイスのハードウェアが強化されると同時に、Apple 会社が優れたソフトウェアも求めています。ユーザーたちにより快適な体験を作り上げるためです。

Apple 会社がiOS 9から旧い64ビットのアプリの開発を求めてきまして。。なぜかというと、64ビットプロセッサと動作環境の中で、32ビットのアプリがデバイス機能を十分に発揮できないです。iOS 10の中で、こんな傾向がもっと明らかになりました。

最近発表されたiOS 10.3の中で、ユーザーが32ビットのアプリを起動する時、このアプリはiOSの今後のバージョンでは使えません。このアプリの開発者はアップデートを行い、互換性を改善する必要がありますというメッセージが表示されるようです。

即ち、iOS 11とこれからのiOSシステムが64ビットのアプリしかサポートしないです。

また、Apple 会社は去年の9月にApp Storeをクリアする決定を発表しました。問題があるアプリ或いは長い時間更新のないアプリを削除して、App Storeの品質を向上します。その後、App Storeの中で、5万以上のアプリが削除されました。