iOSとAndroidの比較: どちらが いい?


日付: 2017.07.18
カテゴリ:

新しいデバイスを買いたい人にとって、iPhoneとAndroidどちらがいいのかは重要な問題です。しかし数年前なら、この問題の答えは明らかです:もしほとんど完璧なシステムを使いたいなら、iPhoneを選択します。しかし、もしデバイスを自由に設定したい場合、Androidを選択します。

時間が経つに伴って、二つのOSも昔と比べてより流行になり、お互いに似ています。Androidは更に簡単、快適、美しいになり、これらは以前iOSの優勢です。iOSはより機能的、個性的になりました。今回はこうやって主要な判断標準を比較して、iPhoneとAndroidどちらがいいのか今日で決着がつきます。

 

1.デバイス


デバイスと言うと、二つOSのデバイスの間に大きなギャップがあります。Appleのスマートフォンはたった一つのシリーズ――iPhoneを生産だけですから、ハードウェアとソフトウエアの互換性をコントロールできます。しかし、Samsung, HTC, LG, Sony, Lenovo, Huawei, MotorolaなどたくさんのメーカーはAndroid プラットフォームを利用します。だから機能、価格、質量とデザインの方面において、Androidスマホの間には巨大な差がありあす。iPhoneより機能が少ない、性能もあんまりいいではない、しかし安い機種があり、高いけどiPhoneより更に高い機能を持つ機種もあります。Androidスマホの方が選択の幅が広いです。

優勝者:Android

 

2.アプリ


Google PlayとApp ストアが提供するアプリ数は近いです:700 000と775 000。ゲーム、実用なツール、写真編集ツール、作文サービスなどのアプリは二つのプラットフォームでもダウンロードできます。しかし、Appleで選択できるアプリの種類はより多いです。それに、Androidモデルは多すぎて、アプリが一部のスマホで完璧に動作できない場合があります。

優勝者:iPhone

 

3.インターネット


まず、否定できないのは最初に4G LTEをサポートするデバイスはAndroidスマホです。4Gはより速いデータ転送を提供し、近い将来に3Gを完全に代って無線転送標準になります。もし数年前なら、Androidは必ず優勝者だろう。しかし、今Appleも4G LTEをサポートできます。

結論:引き分け

 

4.ゲーム


AndroidとiPhone、両方も様々なゲームを提供しますが、Androidは断片化問題があります。それでも、Androidは将来性があるプラットフォームです。強い機能を持つAndroidスマホを選択すれば、iPhoneと同じくゲームを楽しむことができます。

結論:引き分け

 

5.ユーザーフレンドリー


もしスマホの詳細設定をカスタマイズしたいなら、Androidはあなたによく似合います。開放なAndroidはシステムに変更を追加することを許可します。ほとんどのAndroidsは簡単な画面を持ちますが、Appleの動作も簡単、快適です。どっちを選ぶのはあなたの好み次第です。

結論:引き分け

 

6. ディスプレイ


ビデオを見たい或いはゲームを遊びたい場合、ディスプレイのサイズはとても重要です。iPhone 6S Plusが発表されたまでこの方面の優勝者はAndroidです。しかし、今なら、両者のディスプレイサイズは近いです。

結論:引き分け

 

7.価格


昔Appleの価格はほかのデバイスより高いので、学生が買いたいなら予算を超える場合があります。しかし今Appleが価格政策を変更した後、国によって価格も違うが、価格の差はもうあまり大きくはない。それ以外、買う時間も価格を影響します。デバイスが発布されたばかりに買うなら、より多いお金を払いなければなりません。

結論:引き分け

 

iPhoneとAndroidの比較はここまでです。その結果は見ての通り、両者もどんどん性能を上げて、最新のiOSとAndroidモデル間の根本的な差別はあまり見えません。どの機種を選択するかはすべてあなたの好みと予算次第です。