iPhone 7 Plus:デュアルカメラ+256GBのストレージ

日付: 2016.06.14
カテゴリ:

iPhone 7 シリーズの各情報を流出するとともに、背面アンテナの取り消し、デュアルカメラ等についての懸念はほぼなくなりました。ある海外のメディアより、iPhone 7 シリーズのデュアルカメラと256GBの写真情報が流出しました。iPhone 7 Plusのカメラは確かに大きいと小さい二つあり、そして256GB版を追加しました。情報が正しいならば、iPhone 7は四つ容量の機種があります。

デュアルカメラ

今回流出した写真から見ると、iPhone 7 Plusのデュアルカメラは確かに大きいと小さい二つあり、前に流出した写真と比べて目立つな差異がなく、iPhone 6 Plusよりもっと厚いという。二つのカメラが違う撮影機能があるという推測もあります。それからiPhone 7のカメラは絞りがもっと大きいと予測され、これによって夜での撮影効果を上げれるという。

もちろん、最も注目されるのはストレージチップの製造会社がSanDiskで、更に16GB/64GB/256GB三つの容量があります、だからiPhone 7 シリーズは256GB版がある可能性が高いです。しかし、その海外のメディアは128GBもまだあることと言いましたので、iPhone 7 シリーズは四つ版の容量を選択できるかもしれません。

ラウドスピーカーが四つあるリアカバー


iPhone7のアカバー

イタリアにあるスマホケース製造会社HIGIH CLASSICは、最新の広告にiPhone 7のリアカバーと言われるものを公開しました、そしてiPhone 7リアカバー背面のアンテナ線(通称Dライン)が取り消されて、本体の頂端と底端に変わり、パープル色の版もあることも言いました。前に流出したリアカバーの写真と違い、今回流出したiPhone 7はiPad Proのような四つラウドスピーカーがあり、そしてストロボがカメラの右下に移されて、3.5mmイヤホン接続端子も確かになくなりました。

しかしながら、実にこのデザインはiPhone の却下されたプロトタイプ版で、最終版にこのデザインを使わない情報もあります。この前に、海外サイトGSMArenaはある方法で3Dデザイン図面を得ました。その図面にiPhone 7は二つのラウドスピーカーを設計されました。それから見ると、アップル社は次世代のiPhoneに若干のテスト版を用意することを意味しているので、最終の正式版は今年の夏までに見えないかもしれません。

iPhone7のデザイン

HOMEボタンはまた懸念がある


今回の情報から見ると、iPhone 7 シリーズはリアカバーのアンテナを取り消されて、弧形アンテナのデザインを採用します、4.7インチと5.5インチ版は細部で大きな差異があります。例えば、iPhone 7 Plusはリアカバーの下にSmart Connector接続端子を追加して、デュアルカメラを採用します。その一方でiPhone 7のカメラは火山口のようなのデザインを採用して、Smart Connector端子がない。

その他に、iPhone 7 シリーズは防水機能を追加し、16nm FF+工芸のA10 CPUを搭載して、まだデュアルコアを採用する可能性が高いです。二つ機種のメモリーは異なり、iPhone 7は依然2GBで、iPhone 7 Plus は3GBにアップするそうです。iPhone 7 シリーズの正面デザインはiPhone 6sと比べて変化がないという。HOMEボタンはガラス面板の下に置き、物理ボタンをタッチ式のHOMEボタンに変わる噂がありますが、現時点ではまだ確証がありません。