iPhoneでまた新しいバグが?電池残量の表示が動かなくなる

日付: 2016.01.28
カテゴリ:
電池残量表示の問題
最近、iPhoneにまた新しいバグが発見されました。今回はiPhone画面右上にある電池残量表示の問題です。海外で一部のiPhoneユーザーがネットでの発言によると、電池が減っても残量の表示が変わらない場合があります。そしてiPhoneを使用し続けると、いきなり電池が切れて、iPhoneがシャットダウンしたという。そしてこの問題の存在はAppleにも確認されました。公式サイトでこのバグについてのお知らせも既に出されています。Appleは現在この問題を解決するために調査中とのことです。初歩の調査結果によると、この問題が起きた原因はどうやらiPhone本体の時間設定と関係があるようです。この問題が出現するiPhoneの共通点は手動でiPhoneの「日付と時刻」を手動で変更して、「自動設定」をオフにしたことです。だから現時点Apple方面が提供した解決策は、iPhoneの「設定」で「一般」を選択し、「日付と時刻」中の「自動設定」をオンして、iPhoneを再起動することです。実際こうした操作した後、症状が治った人もいるようです。しかしもし設定を変更したことないのに、このバグが出現した場合、Appleはサポートに連絡する必要があると言いました。

このバグの詳しい原因はまだ明確に解明されていません。影響された人数もまだ確定できません。通常なら、Appleは今後のiOS更新でこのバグを修復するはずですが、具体的の時間について、Appleにはまだ明確な回答がありません。