iPhone 6sの売り上げがイマイチ?更なる変化が必要か


日付: 2016.02.02
カテゴリ:
iPhoneに更なる改進が必要
iPhone 6sが発売された以来、このiPhone最新機種に関しての不利な情報が続々と出現します。iPhone 6sの売上も、今年で下げると思われます。この状況を変えるには、今後のiPhoneに更なる変化や改進が必要です。去年年末から、海外では既に多くの予測がiPhone今年の売上は下げると言っています。AppleがiPhone 6sとiPhone 6s Plusの部品生産量を減少というニュースもたくさん報道されました。AppleのCEOクック氏はiPhoneの売上に楽観的な態度を持ち続ていますが、説得力はあまりないとしか言えません。それに今年に入ったら、Appleは在庫を消化するために、iPhone 6sと6s Plusの制作注文を30%を減少という情報も「日経新聞」により披露されました。他にも注文減少により、iPhoneのいろんなサプライヤーの株価が大きく落ちるなどのニュースも続出。これらの全てはiPhoneの売上は疲弊していると示しています。

クック氏は中国などの地区にはまだ大きな上昇空間があると思っていますが、データによると、2015年中国の携帯出荷量は4.7億台で、2016年の予測出荷量も同じく4.7億台。とても大きく増えるとは見えません。この劣勢を逆転するには、一部特定の地区に頼る以外、iPhone自身も変わねばなりません。

最近数世代のiPhoneは、機能が大きく上げているのは否定できませんが、それ以外に目立つな改進はあまりない。6から新しい追加されたの「Plus」機種も、その大きさで操作が不便という意見もあります。世界範囲から見れば、iPhoneは間違いなく現在一番流行しているスマートフォン機種ですが、この勢いを維持するためには、今後のiPhoneに更なる変化が必要と思われています。