アップルはOS不具合検査アプリを発表予定、ユーザーは自力でも不具合を解決できる


日付: 2015.12.22
カテゴリ:
OS不具合検査アプリ
海外のメディアによると、アップル社はOS不具合診断のアプリを開発しています。ユーザーは不具合のスクリーンショットをアプリにアップロードすれば、すぐアップルの公式サイトで解決方法を見つけてくれる仕組みになるそうです。スクリーンショットだけで対応してくれるので、顧客サービスに連絡しなくでもいいらしい。このアプリはユーザーが提出した問題を判断し、不具合のタイプを判明したら解決方法を提供します。また、Genius Barの予約を提供し、電話やチャットなどで直接ユーザーをサポートします。更に、アプリにはユーザーガイドも内蔵し、不具合の修復以外も、iOS製品の使用に関する問い合わせサービスも提供。噂によると、ユーザーが登録したら、このアプリは自動的にデバイスのシリアル番号とApple IDを取得し、最新のiOSバージョンにアップデートしていいかを判断し、製品に不具合があったら直接運営側に連絡を取ります。

このアプリのスクリーンショットはiPhoneリーク情報をたくさん発信したSonny Dicksonが披露しました。Sonny Dicksonはアップル社はこのアプリを単独で発表するか、それともApple Storeの既存アプリに更新するかはいまだ未知数と指摘しています。でもこのアプリを見れば、アップル社はこれからiOS製品のよりよいユーザー体験と全製品向けの追加サポートの提供を目標にしていると言えるでしょう。