iPhoneの販売台数は下げると見られている


日付: 2015.12.25
カテゴリ:
iPhoneの販売台数は下げる
iPhoneは世界範囲で大人気を持っています。新しい機種が発売する度に話題になり、販売も好調に見えます。しかし海外の分析によると、来年iPhoneの販売台数は下げると見られています。過去のデータから見れば、iPhoneの販売台数はずっと上げているが、モルガン・スタンレーのアナリストKaty Hubertyは、iPhoneの販売台数は2016年で初めて下げると予測しています。この報告によると、2016年のiPhone販売台数はおよそ2.18億で、去年と比べ5.7%下げます。しかし過去のデータから見れば、例えば売り上げが一番少ないiPhone 5sの時でも、販売台数は下げたことはなかった。来年iPhoneの販売台数が下げると予測された理由は現在世界範囲でのスマートフォンマーケットは既に飽和状態に近いので、新しいユーザーはどんどん減っています。新しいユーザーがないなら、もちろん販売台数の増長も難しくなります。
もしこの予測が当たれば、Appleにとっては大きな問題になります。現状ではAppleの収入の三分の二くらいはiPhoneの販売から来たものです。iPhoneの販売台数が下げれば、Apple全体にも大きく影響するだろう。実際、iPhoneの販売台数は下げるという予測はこれが初めてではありません。今年の8月に既に「iPhone 6sの販売台数はシリーズ最高になる、後の機種もこれを超えない」という予測があります。それからAppleの株価も半年の時間で20ドルを下げた。モルガン・スタンレーの報告によると、2016年のAppleの総売上はApple watch等の新製品によって、2%くらい増長できますが、もしこの先にも増長を維持したいなら、もっと新しい製品を開発する必要があります。iPhoneは世界的に大人気を持つスマートフォンで、売り上げもありえないくらい長く増長しました。しかしこれはいずれ限界があります、もし来年発表予定のiPhone 7が目立つな改変がないなら、以上の予測は現実になるかもしれませんね。