「Lean」を使ってLive Photoが使った容量を解放しましょう!


日付: 2015.11.04
カテゴリ:

Live PhotoはiOS 9で新しい追加された機能です。Live Photoで写真を撮る時、撮る瞬間だけではなく、前後の状況とその時の声まで記録することができます。面白い機能ですが、通常の写真よりは大きく容量を占用します。iPhone本体の容量は有限のため、常に中のデータを整理しないといけません。しかしLive Photoを削除するのも勿体無いので、もしLive Photoを普通の写真に戻せれば、容量を解放出来る上に、写真も削除せずに済むです。

今回皆様にこのことをできるアプリ、「Lean」を紹介したいと思います。前にも皆様にLive Photoの原理について皆様に説明したことがありますが、簡単に言うと、Live Photoには一つjpgファイルと一つmovファイルが含めています。「Lean」を使えば、movファイルを削除でき、jpgファイルだけを保留できます。そうすれば再生できなくなりますが、Live Photoを残れますし、iPhoneの容量も解放できます。

「Lean」の使い方も簡単。Apps storeでアプリを無料ダウンロードして、実行します。写真へのアクセスを許可すれば、自動的iPhone内のLive Photoを検出し、表示します。この中に写真に戻したいのにチェックを入れて、画面下の「Clean Up」をタップすれば、Live Photoは普通の写真に戻れ、容量も解放できます。
「Lean」の使い方
ちなみにデータを一度写真に変わったら、Live Photoに戻すことはできませんのでご注意ください。筆者が実験した結果、この操作はデータのサイズを40%くらい減少できます、iPhoneの容量が足りない時は結構役に立てるだと思います。

もしこれでも容量が足りない時は、「FonePaw iOS転送」を使ってiPhoneのデータをパソコンに保存することもできます。皆さんにこの二つを合わせて、iPhoneのデータをしっかり管理することをお勧めします。