Apple社はtvOSのアプリサイズ上限を上げたということは、これからアップルTVでも大作ゲームを遊べるか?

日付: 2017.01.20
カテゴリ:

Apple社はtvOSのアプリサイズ上限を上げることによって、色々なボリューム問題も解決され、開発者やフレイヤー達に対して便利になった。

9to5macのニュースによると、Apple社が1月13日でtvOSアプリのサイズ上限を200MBから4 GBにあげると発表した。この変化により、開発者はtvOSアプリにより多くのメディアコンテンツと機能を追加でき、ユーザーは「インストール後にすぐ完備、豊富なユーザー体験を獲得できる」。以前は200MBにこだわり、開発者が大量の内容をアプリインストール後でダウンロードさせるしかありません。

また、Apple社も開発者がtvOSアプリで20 GBの追加空間をOn-Demand Resources(需要によってロードするデータ)として使用することを認め、ユーザがこの空間に挑戦したステージや進度をダンロード或いは保存でき、本体で不必要なファイルを削除できる。

iOSアプリのサイズ上限はこの前既に調整した。

App Store運営の初期でAppleが設定したアプリサイズ上限は2 GBです。しかし、スマートフォンの性能が大幅に上昇し、大型ゲームが次々と現れ、2 GBの制限作用がますます明らかになった。

海外サイトMacRumorによると、2 GBの制限はApp Storeの数多く開発者をキツく縛った、例えば元は2013年に発売予定の「ファイナルファンタジーVII」、当時が容量制限を超えた原因で発売できなくなり、長く期待したiOSのプレイヤー達をとてもがっかりさせた。

幸い、Apple社もこの問題を意識し、2015年2月で、appのサイズ上限を2 GBから4 GBに上げることを発表した。

今回のtvOSアプリのサイズ制限を調整した後、tvOSアプリのサイズ上限もiOSと統一した。