Apple製品名中の「i」の意味はなんでしょう?

日付: 2016.02.19
カテゴリ:

iPhone・iPod・iPadなど、Appleにはいろんな製品があります。これらのデバイスの一つ共通点は、名前の頭文字は「i」ということです。iPhoneやiPad等を使っている方は多いと思いますが、この頭文字「i」の意味、皆さんはご存知でしょうか?興味ある方は、引き続きお読みください。

1998年、Appleの創始者ジョブス氏は、一台独特なパソコンを発表しました。そのパソコンの名前はiMacです。これもApple製品の中で、頭文字に「i」を付く最初の一つです。当時ジョブス氏の説明によると、この「i」は「internet(インターネット)」という意味で、iMacという名前も、このパソコンがインターネットと完璧に結合できるということを表しています。
Apple製品名中の「i」の意味
初代iMacの後も、Appleはいろんな製品を続々と発表しました。その小文字の「i」にも、最初よりはもっと多くの意味が含まれています。この「i」について、ジョブス氏にはもっと詳しい説明があります。ジョブス氏の説明では、「我々の会社はパーソナルコンピュータの会社で、製品も全てインターネット(internet)のために生まれています。ユーザーは我々の製品によって、大量な情報(information)を得ることができます。それはらインターネット関係以外にも、これらの製品は一つ一つ独立(individual)な芸術品でもあり、私だちをもっと優秀な製品を開発することを激励(inspire)できます。」とのことです。

ジョブス氏が亡くなった後の現在も、Appleは世界的大きな規模も持つ会社ですが、果たして今後はこの「i」を上手く継承し、発展することができるのか。結論を出すためには、どうやらまた時間が必要です。