Moto Turbo2の撮影機能得点が結果を出した iPhone 6sを簡単に超える


日付: 2015.11.09
カテゴリ:

11月2日のニュースでは、スマートフォンの撮影機能はすでにその品質を判断するメイン基準となっています。つい最近Moto Turbo2の撮影機能が評価され、まさかの簡単にiPhone 6sを超えているらしい。

スマホの撮影機能と言えば、まさしく今大ヒットのiPhoneが思い浮かぶでしょう。確かに、iPhoneの撮影機能は間違いなくスマホの中のトップクラスですが、最新型のAndroidの中にも、ハイスペックのカメラを持つモデルがあります。今回のMoto Turbo 2も、iPhoneを超える素晴らしい撮影機能を持っているようです。海外の関連テストサイトはついDroid Turbo2での撮影機能の得点を発表し、またその得点も簡単にiPhone 6sを超えて、ランキング第四位になります。
Moto Turbo2
最近、カメラ、レンズの専門評定サイトDxOMarkがTurbo2のレンズのテスト結果を発表しました。この機体の最終得点は84となり、現在スマートフォンカメラのランキングの四位です。その上に並ぶのはXperia z5、Galaxy S6 EdgeとNexus 6Pです。

DxoMarkがTurbo 2のレンズをテストした結果、この機体はサンプルでのホワイトバランスは非常に精確であって、同時に減色性能もかなり優秀。高照度環境では、サンプルはほぼノイズがありません、しかし、低照度環境での性能は予想以下で、ゴーストなどの問題があります。また、当サイトも「Turbo 2の動画撮影機能が全体的優れているが、オートフォーカスが不安定と被写体追跡という問題が存在しています。特に低照度環境でオートフォーカスは場所の転移によって変化します」という評価を出ています。
DxoMarkがTurbo 2のレンズをテストした結果
DxOMarkの携帯電話撮影機能ランキングで、iPhone 6とiPhone 6sは同じ82点、それほど低くないが、ランキング十位に入らなくて、その上は全部アンドロイドのフラグシップモデル。Xperia Z5、Galaxy S6 Edge、Nexus 6Pを除いて、その上はまだLG G4、Note 5、Moto X Style、ソニーZ3+があります。

注意すべきのは、モトローラのDroid Turbo 2がソニーの2100ピクセルレンズを搭載し、しかもIMX230感光体ユニットも同じ搭載してます。この配置はほか多くののアンドロイドのフラグシップモデルにあります。