危険!スマホ依存症!そのチェックと対策法は?


日付: 2016.05.16
カテゴリ:
スマホ依存症
スマホ依存症、また携帯依存症やSNS依存症と呼ばれているこれは、スマートフォンの所持者がスマートフォンに依存するようになり、一日の大部分をスマートフォンの使用に費やしたり、自身がするべき事をすべき時にしないでスマートフォンに夢中になるということです。簡単に言えば、スマホやアプリ例えばLINE等のSNSアプリに夢中になり、スマホ無しでは1日も過ごせないことです。スマホ依存症の患者は、子供からお年寄りまで幅広い層で広がっていて、実に危険な中毒症です。

子供からお年寄りまで幅広い層で広がっている

スマホ依存症になった結果、猫背になり、精神不振になり、頭痛・視力が落ちる・記憶力低下などの症状もあります。そして、スマホに夢中になって、人と人のコミュニケーションを軽視して交流の能力が弱くなり、周囲の人と話すことが苦手になります。 スマホは人間にどこでも何時でも外界を連絡できる気持ちいい空間を作ったとしても、心奥の孤独感が増えています。

心奥の孤独感が増えている

スマホを愛好している皆さんも、スマホ依存症がなりましたか?スマホ依存症になった方は、以上紹介した結果になりたくないならば、早くに治す方がいいと思います。スマホ依存症になることが知らない方はいるかもしれないので、今回はスマホ依存症のチェックと治し方を紹介します。一緒にスマホ依存症をチェックして診断してみましょう!

1.視力低下
2.スマホを持ってないと不安になる
3.頻繁にSNSやメッセージをチェックする
4.スマホを枕元に置いて寝る
5.いつも着信音やバイブを聞こえるそう
6.運転しても必ず身近にスマホを置いている。
7.食事前に必ず食物の写真を撮ってネットでシェアする
8.電話番号を覚えれない
9.歩く時依然としてスマホを使う
10.人との目が合うことが嫌い

トイレする時スマホも使う

以上あげられる10つ項目を5つに合う場合はスマホ依存症になり、8つ以上に合うのは依存度が高く、危険な状態になりそうです。おすすめのスマホ依存症の対策法:

1.食事をしている時スマホを禁止
2.寝る前にできるだけスマホを使わない
3.休み時間にハイキング、パーティーなどの社交活動を参加して生活の重心を変える
4.モバイル電源や充電器を持たずに出掛ける
5.スマホを使う時間の計画を立てる
6.使わない時電源を切る習慣をつける
7.Line、Twitterなどのアプリの通知機能をオフにする

スマホ禁止

以上はスマホ依存症のチェックとおすすめの治し方です。スマホ依存症になった場合、それをそのままに無視すれば、酷い病気になるかもしれません。皆さんはご注意ください!最も重要なことは、正しいスマホを利用する習慣をつけて、生活の重心をスマホから変えます。これで、スマホ依存症の症状を改善できるはずです。もちろん、もし症状が既にひどくになったら、病院に行って診察を受けることをお勧めします。