iPhoneのパスコードが忘れたらどうしよう?対処法はこちら!


日付: 2015.08.15
カテゴリ:

iPhoneのパスコード機能は個人情報の安全を保護する大切な手段です。しかし、もしパスコードを忘れて、六回以上誤入力したら、使用禁止のメッセージが表示されます。このメッセージが届けた、またはパスコードを忘れた場合、下記の手順に従ってiPhoneに再度アクセスしてください。

 

解決法:iPhoneまたはiPod touchを初期化


この問題に対する解決法はiPhoneまたはiPod touchの初期化を実行します。すべてのデータが削除されることが嫌かもしれませんが、それは唯一の方法です。もちろん、もしバックアップがあれば、後でiPhoneをバックアップから復元することができます。

すべてのiPhoneデータの削除を通じて、旧いパスコードが削除され、iPhoneを再設定できます。

その方法は極端すぎると見えますが、セキュリティ面での意味は大きいです。もし万が一iPhoneが盗まれたら、他人にパスコードを避けて簡単にデータをアクセスすることは嫌でしょう。iPhoneでのデータがすべて削除されるのは問題ですが、もしiPhoneに保存したファイルが最近バックアップしたことがあれば、この問題は簡単に解決できます。だから時々iPhoneデータをバックアップすることがお勧めです。しかし、もしバックアップがない場合、前回iCloud或いはiTunesと同期した後 iPhoneに追加したファイルが消されます。

 

iPhoneのパスコードを忘れた場合の三つの解決法


下記はiPhoneからデータを削除し、パスコードを再設定する三つの方法を紹介します:iTunes、iCloudとリカバリーモード。

iTunes:もし 普段からよくiPhoneとパソコンを接続して、同期するなら、この方法は最も簡単な方法かもしれません。iPhoneとそのパソコンを接続して、iTunesでiPhoneを初期化することができます。前提はそのパソコンが近くにあります。

iCloud: iPhoneで「iPhoneを探す」機能を有効にした場合、iCloudを使ってiPhoneを消去することができます。もしiPhoneにアクセスできない、またはiTunesではなくiCloudと同期したら、この方法を使ってください。

リカバリーモード:もしあなたは一度もiPhone をiTunes或いはiCloudと同期していないなら、これは唯一の方法です。こういう場合、iPhoneデータがバックアップされていないかもしれないので、iPhoneのデータがすべて消されます。しかし、これでiPhoneをもう一度正常に使用できます。

 

iPhone初期化を実行した後


どうの方法を使っても、iPhoneは工場出荷状態に戻ります。iPhone初期化を実行した後、三つの選択があります。

初期化したiPhoneを再設定:もし新しいスタートが欲しい、iPhoneデータを復元したくない(または復元できるデータがない)場合、このオプションを選択してください。

バックアップから復元:もしiPhone を復元したい、それにiTunes或いはiCloudでデータのバックアップがあれば、これは最もいい選択です。

内容を再ダウンロード:たとえバックアップをしていなかったとしても、昔iTunes、AppとiBooks ストアから買ったものはiPhoneに再ダウンロードすることができます。

 

機能制限パスコードの場合はどうでしょうか?


iOSデバイスはもう一つのパスコードがあります。そのパスコードはiPhoneの機能制限を管理しています。機能制限パスコードはIT管理人に一部のアプリ或いは機能を阻止する権限を与えます。こうやって、パスコードが知らない人に設定を変更することが防止できます。しかし、もしあなたがその機能制限パスコードを忘れたらどうしよう?

そういう場合、先に言った初期化と復元する方法も有効です。それ以外、iPhone Backup Extractorアプリを使うのも一つの方法です(MacまたはWindowsパソコンでも対応でき)。このアプリを利用する途中でいろんなファイルが表示され、複雑だと思うかもしれませんが、実は一般的なユーザーにとってはそうなに難しくないです。

 

まとめ


このiPhoneのパスコードはセキュリティ面でかなり有効な機能です。しかし、パスコードを忘れた場合は大変です。もしそういう経験があれば、二度とパスコードを忘れないでください。パスコードはとても重要なので、今度は簡単に暗記できる(しかし簡単に推測できない)パスコードを設定することがお勧めです。