iPhone 6sの量産が間に合わない?代理生産工場の人手不足が原因


日付: 2015.08.17
カテゴリ:
iPhone 6sの量産が間に合わない?
噂では、新型のiPhone 6sは9月9日で公開され、9月18日に発売開始のようですが、アップルが中国にある代理生産工場が人手が足りないため、その時新型iPhoneの供給はかなり厳しいになるかもしれません。この前、各アナリストやメディアの予測によると、新型iPhoneの量産作業は今月中に始める予定ですが、アップルの中国代理工場フォックスコンと和硕科技は未だに十分の作業員を募集出来ていません。近頃両社は既に数回中国の各地で求人を試していました、フォックスコンは更に年齢の制限を23歳以上から18歳以上に変更したが、まだ目標の人数を募集できていない。このままだと恐らく新型iPhoneの量産作業に影響するだろう。

過去に振り向くと、実はiPhoneの新機種が発売されるたびに、必ず一定の供給困難な時期があります。最悪の場合、供給が安定になるまで数ヶ月の時間が必要かもしれません。更に今回のiPhoneは感圧タッチ(Force Touch)ディスプレイという新型のディスプレイを搭載するため、量産するためにはより多く時間が必要でしょう。果たしてApple代理工場の人手不足は新型iPhoneの量産作業にどのくらい影響するのか、今はまだ誰も断言できません。