iPhone 6sのフレーム材質確認!もう簡単に曲がらない?

日付: 2015.08.23
カテゴリ:

iPhone 6発売当時、その曲がりやすさが一時話題になりましたね。9月で公開と言われるiPhone 6sも、そのフレーム材質は多くの注目を集めていた。前日、iPhone 6sのフレーム材質がやっと確認された。iPhone 6のと比べて結構増強されたようです。

最近、iPhone 6とiPhone 6sのものと思われるフレームを比べる動画が、YouTubeチャンネル「Unbox Therapy」で公開されました。この動画によると、iPhone 6sのフレームには強度を向上させるための工夫が施されているほか、iPhone 6のボディと比べて重さに違いがあるそうです。

6sフレームの厚みは6の1.14ミリから1.9ミリになり、しかし重さは逆に2クラム減って、27グラムから25クラムになりました。これは今回iPhone 6sのフレームが新材質を採用したのが原因だと思われています。

今回iPhone 6sが使った7000シリーズのアルミニウム合金はAppleのウェブサイトによると標準的な合金よりも60%強く、軽いとされています。iPhone 6のフレームは13.5キロの圧力に遭ったら曲がれるが、新材質を採用したiPhone 6sのフレームはその2倍以上の圧力を耐えられるという。
iPhone 6sのフレーム
いずれにせよ、まだ確実なデータはないが、iPhone 6sのフレームはiPhone 6より強化されたことはまちがいないでしょう。前はAppleの代理工場が人手不足な情報もありますが、業界では新型iPhoneは9月中に発表されると考えています、後は正式発売まで待つしかないですね。