細部体験に注力--Apple社のOS X El Capitanの初歩評価


日付: 2015.06.15
カテゴリ:

WWDC 2015でAppleを発表したものをまとめると、三つのOS更新と一つの音楽サービス「Apple Music」の公開。そして更新されたiOS9Watch OS 2.0・OS X El Capitanの中で、一番注目されたのはiOS9だと思いますけど、実はOS X El Capitanにも、いくつ興味深い変化があります。果たして今回OS Xのアップデートはどんな変化があるのか、ここで皆様に簡単に説明します。

Appleが正式にOS X 10.10 Yosemiteを発表した日から今日まで、すでに七ヶ月以上の時間が経ちました、今回の最新バージョンOS X El Capitanのテストバージョンも近いうちに開発者のもとへ届くだろ。公開のテストバージョンは今年七月で発表される予定、一般のユーザーは今年の秋で正式版を使えます。
OS X El Capitan

Appleは体験を重視する会社です。今回のアップデートもいろんな細部の体験を上げました。例えばSpotlightは、finder画面・メール・捜索機能などのところをさらに改進した。これらの改進はSpotlightをもっと知能的に変わります。AppleはどうやらSpotlightをOS Xの「知能的アシスタント」に発展したいらしい、将来のSiriもおそらくはこの方向へ改進されるでしょう。

ウィンドウの表示も更に使いやすいとなった。OS Xの「ミッションコントロール」はMac OSの中でもかなり優れたウィンドウ管理アプリですが、今回のアップデートは同じスクリーンの中で同時に二つのウィンドウをコントロールできる機能を追加しました。二つのウィンドウ中の文字や画像なども直接スライドでコピーできます。

他にも、メールシステムの反応速度がもっと速くになるとか、いくつの細部を改進しました。性能方面については、今は実際のアップデートまだできないので、まずは公開されたデータを分析するしかない。

公式によると、Appsのロード速度は1.4倍増長し、PDFの閲覧速度とメールのロード速度も4倍と2倍上げました。それからもう一つ、AppleはOpen CLとOpen GLをMetal for Macの中に追加しました。そのおかげで、Macの図形レンダリング能力は50%アップ、CPUの効率も40%上昇、これは同時に電池の持続時間を増長できます。

今回のOS X El Capitanはいつも通り無料で配信します。Yoshimiteを使っているの方なら、今年秋で無料でEl Capitanにアップデートできます。最後にAppleはYoshimiteのアップデート率も公開しました、この55%のアップデート率でWindowsへの皮肉も言いましたが、市場占有率から見ると、この数字はあまり参考する価値はないですけどね…

まとめると、OS X El Capitanは別にすごく目立つような改変はない、主にAppleが得意の細部体験を更に強化しました。大会でのOS X El Capitanの紹介時間は一番短い、昔みたいにアメイジング!エクセレント!などの言葉も使いなくなった、だから今回のOS X El Capitanは波立たない平凡なアップデートと見られています。